カテゴリ:登山ライフ( 6 )

山とカメラ

d0357817_09165161.jpg
 
ピークで写真撮影を楽しむ私。
スマホで撮ってくれた一枚だけど
とても気に入りの一枚です。
 
登山で出会う風景や草花、樹木、
それを撮りたいから山を登るのか。
山とカメラは切り離せない。
全身で自然と対峙して、己の眼で自然を見つめ
そしてカメラの中にその瞬間を極める。
私にとっての山とカメラの楽しみと醍醐味だ。
 
この週末は、日帰りピストンで冬の雷鳥との
出逢いを求めて散策してきた。
 
今シーズンは厳冬期も終えて、残雪期に変わって
雪山も暖かくなりそうだ。
ボチボチGWの計画を立てようと思いますが、
残雪少なく、悩みそう。

by gaku-jin | 2019-02-18 09:26 | 登山ライフ | Comments(2)

この冬の宿題

d0357817_08332904.jpg
 
正月のアルプスでは、足跡だけ見つけた。
幕営のすぐそばを歩いていたようだ。
 
真っ白でふっくらとした丸い姿、
なんとしても見ておきたいと想い続けている。
 
d0357817_08360782.jpg
 
これは春4月末の燕岳テント場にて。
テントのすぐ近くで鳴いている声に気付いて撮影。
直に彼方へ飛んで行った。

by gaku-jin | 2019-01-23 08:40 | 登山ライフ | Comments(2)

山のあれこれ

d0357817_15233691.jpg
 
今年の雪山シーズンもいよいよ本シーズンに
入ろうとしている。
 
夏山縦走、雪のラッセル登山
どちらもハードだが、山のどっぷり感は
雪山に軍配が上がる。
 
どっぷり雪深い静かな山に入れるのも、
やっぱり山の相棒のお陰だ。
 
登山者の多めな山に入れば、山岳会パーティや
ツアー登山、様々な登山者と遭遇するが
せっかくの雪山だが自由に歩かず皆列を成している。
 
自分たちで歩くルートを探って、
好きなところに足を止めて、
好きなところで眺めとおやつを楽しんで
行きたい山に向かってセッセと雪を掻き分けて、
雪山を自由に楽しめるのは
一緒に歩いてくれる相棒の家内がいるお陰だ。
  
今日は仕事帰りに茶菓子の一つでも買って帰ろう♪
d0357817_07570075.jpg
毎日見ている中越道路ライブカメラ。
ようやく例年並みの降雪量に追いついてきた。
それにしても道路わきの除雪の山は随分低い。
まだ藪山の雪稜歩きは厳しいか、、、

by gaku-jin | 2019-01-22 08:20 | 登山ライフ | Comments(2)

夕飯あれこれ

d0357817_08083652.jpg
<豚肉の味噌漬けにコシアブラ>
d0357817_08083597.jpg
<スーパーのピザでも結構旨い>
d0357817_08083855.jpg
<秋冬はやっぱり鍋料理>
 
テント泊、避難小屋泊でのお楽しみ。
春から夏は定番の焼肉、春は山菜コシアブラも添えて。
色々焼肉もやってみたが、疲れた体にはみそ漬け豚肉が一番。
 
簡単、焼くだけのピザ。
焼く前に4等分程度に切っておく方がよい。
アルミホイルを被せて、香ばしい匂いがしたら出来上がり。
 
そして秋から冬は鍋料理。
写真は、牛肉+コムタンスープにキリタンポ。
 
ちょっとだけ紹介記録まで。

by gaku-jin | 2018-12-20 08:36 | 登山ライフ | Comments(2)

夏山の想い出

d0357817_16554830.jpg
<白馬岳の夕景・丸山にて>
 
夏山を振り返って、夕べは夏の写真を眺めていた。
 
今年の初夏、花の季節を振り返ってみた。
 
6月上旬:北飯豊ハクサンイチゲ
6月下旬:浅草岳ヒメサユリ、2週続けて
7月:白馬・雪倉アルプスの花々
8月上旬:飯豊連峰の花畑
8月下旬:雲ノ平・水晶チングルマ

山深い山域にどっぷりだった。
すこしずつ写真と想い出を残したいと思う。
 
この冬も雪深く静かな山旅が楽しみだ。
 
d0357817_08062175.jpg
<飯豊山 残雪歩きにて>

by gaku-jin | 2018-12-19 08:07 | 登山ライフ | Comments(2)

山を想えば

この週末は山へ行かず、
年末年始にかけた山旅のプランで頭を悩ませた。
 
12月~1月は、降雪量も中途半端なうえ、
気温だけは低いので、雪山泊も含めた計画は難しい。
 
1月になれば雪も増えて、行きたい山域は広がる。
上越国境の山々、南会津、吾妻・磐梯、蔵王。
浅草・守門の豪雪ラッセルも楽しみだ。
 
乗鞍や後立山も今年は行ってみたい。 
 
d0357817_19343052.jpg

by gaku-jin | 2018-12-17 08:47 | 登山ライフ | Comments(2)