薄雪の稜 燕岳

11月23日~25日の3連休。
23日深夜出発で、閉山・林道閉鎖直前の燕岳へ行ってきた。
 
登山口となる中房温泉には24日明けの4時前ころ到着。
夏の表銀座の喧騒は全くないものの、シーズン終了と降雪直後の連休で
駐車場はほぼ一杯だったが、第1駐車場の空きスペース1台分あり停められた。
 
 
雪は少ないものの雪上幕営での装備。
覚えとして、冬用ハードシェル、ソフトシェルパンツ、
手はソフトシェルグローブと防寒テムレスグローブ、
中間着は薄手フリースロングと中厚ウールロング。
スタートはソフトシェルジャケットも羽織ったが、すぐに脱ぐ。
テントは、夏用フライ、雪を掻けばペグも打てた。
シュラフは厳冬用を持っていったが、暑くて裸足になって寝た。
 
行程は、中房から燕山荘幕営のピストン。
初日のうちに、大天井手前の大下りあたりまで散策。
翌日は、朝をのんびり楽しんで、下山、中房温泉に浸かって帰路についた。
 
 
 
※夕景、朝の情景の撮影を楽しんだが、写真はセレクトして出そうと思う
 
 
合戦小屋手前あたりで朝陽が登った
合戦尾根は前日よく踏まれて凍っており、チェーンアイゼンがちょうど良い
d0357817_12503961.jpg
 
燕山荘手前の登山道にて
前日も好天だったようで、たくさんの登山者とすれ違う
小屋もテント場も大賑わいだったと聞く
d0357817_12510002.jpg
 
テント場には一番乗りで、小屋に近い良いところに張れた
北アルプスの女王は、”雪化粧無しのスッピン”でもやっぱり美しい
d0357817_12510925.jpg
 
夕暮れは裏銀座の山並みを眺めて、今年歩いた北アルプスの山旅を思い出す
荘厳な槍穂高のシルエット
d0357817_12511675.jpg
 
夜中にうっすら降雪して、辺りは薄化粧に
キンと冷え切った冬山の空気は心地よかった
d0357817_12513156.jpg
 
つづきはまた後日。

by gaku-jin | 2018-11-30 08:52 | 冬の山