銀の道から、越後駒

5/14日曜日、快晴の奥只見へと向かった。
登る山は残雪の越後駒ヶ岳。
 
2年ほど前だったろうか。
GWに同じコースを登り、駒の小屋で宿泊。
翌朝山頂から眺めて感動した越後の山々。
とにかく見渡す限りの山。山。山。
あの感動を思い出し、また残雪のころに
訪れてみたくなっていた。
 
今回は日帰り。
銀山平は石抱橋から先は、まだまだ残雪通行止め。
一般的な枝折峠は開通していない。
北又川に沿って遡上していき、支尾根から道行山、小倉山、
そして越後駒へと稜線を登る。
 
支尾根はかなりの急登攀で、ピッケルを使い、
藪漕ぎ、トラバースの連続だった。
 
ときどき雪の無い登山道へ出る。
足元にはイワウチワや、上を見ればタムシバにシャクナゲ。
途中横目には、このような新緑の景色が美しい。
なんとも繊細な光景だ。
 
d0357817_12190273.jpg
 
なんとか樹林の登攀から抜けて、
尾根へと登りあげた。
振り返れば、未丈ケ岳。
 
それにしても天気が良くて、ほぼ無風。暑い。。。
おまけに越後ならではのブヨ。
 
d0357817_12191328.jpg


 
あぁ、越後駒ヶ岳。
青空の下に聳える。
この季節の眺めは本当美しい。
 
白い尾根道を登ってゆくのだ。
 

d0357817_12285348.jpg

 
雪解けに、ブナの新緑。
本当いい眺めだ。
 

d0357817_12291112.jpg

 
中ノ岳と荒沢岳。
こちらはまだ歩いたことが無い。
 

d0357817_12292688.jpg


 
この日は山頂下、小屋への急登攀に雪稜が
大きく割れているのが見えたところで
引き返すことにした。
 
私はこの山域が好きなのは、
越後の山は、その山深さにある。
山に囲まれ、果てまで続く峰々。
アルプスのダイナミックな景色とは全く異なり。
私の身の丈に合っているのかもしれない。
いや、そんなことは無いか。
越後の山はとんでもなく厳しい。
だから好きなのかもしれない。
  

d0357817_12294195.jpg

 
藪漕ぎを避けて、違う尾根から
北又川の畔、銀の道へと下山した。
 
その名の通り、江戸時代には
この銀山平は銀の採掘でにぎわっていたそうだ。
 
崖沿いの雪道歩きで、
湧水沢にアズマシロカネソウ[東白銀草]
の群落を見つけた。
 

d0357817_12301230.jpg
 
丸い花姿はとても可愛らしく、
何枚も写真におさめていた。
 
d0357817_12300318.jpg
 
湧水の水しぶきに輝く姿。
美しくも健気だ。
 
d0357817_12295156.jpg
 
また春の越後駒へ訪れるときの楽しみができた。
 
このあと、フキノトウやワラビなど
山の幸を分けてもらって帰路についた。
 
残雪の山もそろそろお終いか。
そろそろアルプスはどうだろうか。。。
 
おしまい


[PR]
by gaku-jin | 2017-07-28 09:01 | 春の山 | Comments(2)

想い出の山、会津

「会津残雪歩き 」のつづき。最終回。
  
またまた、更新が遅くなってしまった。
もう梅雨明けですから。苦笑。
 
5/2-4、二泊幕営でたっぷり残雪の会津の山旅の記録。
2日目~3日目、つぎの幕営地で最後の一晩。
 
一日穏やかな天気。
灼熱夏の縦走を想えば、ひんやりとした風吹く雪稜縦走は天国だ。
 
雪に埋もれた樹林帯の上を歩くわけだから、
尽く見晴らしもよい。
 
それにしても天気がよい。
今年のGWは全国的に晴れマーク。
今日も越後三山が向こうに聳えて見える。
 
d0357817_18145969.jpg


 
途中、好きなところで雪稜に即席雪のベンチを作って
腰を下ろしてコーヒーブレークも楽しんだ。
 
予定していたところより少し手前を幕営地とした。
向こうには尾瀬は燧ヶ岳と至仏山、そして平ケ岳へと見渡せる。
 
昼には気温がぐっと上がり、
積み上げた雪壁も時折融け崩れた。
これだけ積むと夜風で天幕がハタつくこともなく
静かな夜を過ごせるのだ。
 
d0357817_18150940.jpg


 
うちのやつ、丁寧な寝床仕上げも職人の域。
向こうにはドカーンと燧。
この無骨な山容、実に会津の風土を表しているように思う。
今年はたっぷりの残雪だ。
手前の雪稜もスプーンカットが見えている。
 
d0357817_18151899.jpg


 
のんびり、幕営地周辺で過ごすひと時。
このなだらかーな稜線で、今回の山旅ものーんびり。
普段の暮らしにはない、実にゆったりした時間を過ごした。
 
d0357817_18152907.jpg


 
陽が傾きはじめたころ、北には飯豊がまた姿をみせてくれた。
地図を広げながら見渡す限りの山々の同定もまた楽しかった。
徐々に傾き始める日差しに
未踏の越後の山々が神々しく輝き始めた。
 
d0357817_18153925.jpg


 
この旅、最後の夕暮れを楽しむ。
西の空が色づく。
眺めの良い場所を探りながら、夕暮れの散歩だ。
空の彼方がすこし霞みだした。
 
d0357817_18154962.jpg


 
夕陽が雲に隠れたと思っていたら、
最後に真ん丸な夕陽が姿を見せてくれた。
あぁ、なんと贅沢な眺め、至福のひと時だろうか。
 
d0357817_18155960.jpg


 
明けて翌朝。
風も無く穏やか、快晴。
染まるような朝焼けは無く、
穏やかに山々も目を覚まし始めた。
 
d0357817_18161051.jpg


 
越後三山。
そして燧ヶ岳と至仏山。
残雪残る尾瀬ヶ原も見渡せた。
 
d0357817_18162005.jpg


 
心地よい春風。
空を舞うような雲、いい朝だ。
今日は下山のみだから、またのんびり過ごす。

 
d0357817_18162984.jpg


 
二泊三日、十分に満喫した。
会津から見渡す越後や尾瀬の山々。
そして飯豊に磐梯・吾妻。
去りがたいが、また来年だ。
 
d0357817_18163835.jpg

 

小屋開きしたばかりの会津駒の小屋が見えた。
その向こうに燧ヶ岳を眺めながら一気に下山。
雪も締まっているから、トレースを外して駆け下りる。
 
気持ち良くて、あっという間に下りてしまった。
登山口まで下り、車をピックアップするため
バスを1時間近く待つこととなった。笑。
 
待っている間にフキノトウを採ったりと、
最後までのんびり過ごした。
 
きっとまた来年もここへ来るだろう。
 
おしまい

 

[PR]
by gaku-jin | 2017-07-24 08:14 | 春の山 | Comments(2)

会津残雪歩き

「越後の夕染め 」のつづき。
  
すっかり、更新が遅くなってしまった。
もう梅雨真っ盛りなのに、雪景色。苦笑。
 
5/2-4、二泊幕営でたっぷり残雪の会津の山旅の記録。
2日目、好天の朝、今日は楽しい尾根歩きだ。
 
d0357817_08365204.jpg
 

幕営から出ると、この景色。
今日も越後の山々が美しく輝いている。
この見渡す限り山、山、山の景色は
越後ならではの眺め。

d0357817_08370857.jpg
 
今日はこの雪稜を歩く。
積雪期限定の縦走路。
向こうに見えるは奥只見、平ケ岳だろうか。

 

d0357817_08371633.jpg
 

朝陽が昨日歩いてきた雪稜を照らしはじめた。
なんとも神々しい。
春霞が温かく染まった。
 

d0357817_08372476.jpg
 

朝食を済ませ、のんびりコーヒータイム。
遠くは飯豊連峰だ。
私ら夫婦にとって、飯豊は特別な山。
朝から大満足。
 

d0357817_08373215.jpg
 

幕営を畳んで、雪稜を進む。
積雪期だけ歩ける尾根道。
前日はあれだけ重く感じていた荷が、
今日はとっても軽く感じる。
 

d0357817_08374152.jpg
 

歩みゆくと、向こうに尾瀬は燧ヶ岳が見え始めた。
今日は会津駒ヶ岳を越えて、その先が目的地。
雪稜歩きは天井を歩いているようだ。
 

d0357817_08374993.jpg
 

空を流れゆく雲も、白鳥が翼を広げたようで
なんとも心地よい。
気分爽快。
 

d0357817_08375802.jpg
 

春に眺めた雪稜を歩んでいく。
この縦走のために、12月、3月、
会津駒へ訪れて、今回の縦走路を下見していた。
 

d0357817_08380769.jpg
 
幕営地まであとわずか。
こんなに天気がいいので、
荷を下ろして、コーヒータイムに、記念写真。
十分楽しみつくして、目的地にたどり着いたのでした。 

 
つづく


[PR]
by gaku-jin | 2017-07-03 18:46 | 春の山 | Comments(2)

越後の夕染め

「残雪の会津へ 」のつづき。
 
5/2-4、二泊幕営でたっぷり残雪の会津の山旅の記録。
1日目、好天のまま夕暮れを迎えることができた。
 
カメラを持って、移ろいゆく夕暮れの景色を楽しむ。
朝の日の出ももちろんいいのだが、こののんびりとした会津の山は
ゆっくりと過ぎてゆく夕暮れ時が一番いいと思った。
 
幾度と山で夕暮れを楽しんできたが、私の好きな越後に沈む夕景。
家内と貸切もあって、今回は格別だった。
 

d0357817_08354724.jpg

 

春霞が色づき始める。
  

d0357817_08361128.jpg
 
越後駒、未丈の向こうへ陽が沈む。
   
d0357817_08361942.jpg
 
美しい。顔を夕陽が照らす。 
 
d0357817_08362758.jpg
 
なんて素敵な時間だろうか。 
 
d0357817_08363550.jpg
 
思いもよらなかったドラマが幕を閉じた。 
 
d0357817_08364277.jpg
 
いい山旅になった。
まだ1日目。
 
明日も晴れそうだ。
 
つづく

[PR]
by gaku-jin | 2017-06-16 16:04 | 春の山 | Comments(2)

残雪の会津へ

待ちに待ったGW。5/2-4、二泊幕営でたっぷり残雪の会津の山を楽しんだ。
 
桧枝岐に連なる山々を縦走し、下山後はバスで自家用車まで戻るルートだ。

約一月半前の3/20に訪れたときは、道路も真っ白な
冬景色だったが、今は道路にはまったく雪も無く、
山々は新緑の木々が広がり始めていた。
 
d0357817_10123235.jpg



 
支度を済ませ登山口より尾根へと向かう。
夏道は出ているがトレースは薄く、足元はイワウチワが
わんさかと咲き誇っている。
 
100mほど登りあげたところから、ブナの森へと入り、
そこから残雪の急登となった。
 
雪解けしたスプーン状の窪みを足掛かりに蹴り込むが
途中、ブナの根開で一休みと同時にアイゼンをつける。
 
d0357817_10124478.jpg



 
ようやく広い尾根へと登りあげた。
先行にバックカントリー3名パーティーが見えた。
 
はるか向こうに目指す山頂が見える。
ブナの森が続く。
聞こえるのは風の音だけで、すっかり山に
浸っていることに気づく。
 

d0357817_10125336.jpg


 
一歩一歩長い雪稜を登りあげ、尾根の上には雪原が広がった。
空が清しく、流れる雲が心地よい。
 
遠く飯豊連峰が見渡せた。
今日の目的の幕営予定地まではあと一息。
 

d0357817_10130662.jpg


 
ブナの森からシラビソへと変わり、
GWだが、シラビソに霧氷が見られた。
快晴ではあるが吹く風はまだまだ冷たい。
 
白い峰々、真っ青な空に疲れも吹き飛ぶ。
 

d0357817_10131670.jpg


 

無事山頂へ到着。
荷を下ろし、幕営の準備をする。
設営が終われば、担ぎ上げたビールで乾杯だ。
向こうへは、シラビソの森へと雪稜が続いている。
あと2日かけてのんびりと歩く雪稜が彼方へと続く。
 

d0357817_10132816.jpg


 

この山深い大自然の中で過ごす時間。
なんと幸せなことだろうか。
幾重にも重なる雪稜に、少しずつ影が落ち始めていた。
暖かな春を感じる日差しの中、
のんびりと山の時間を楽しむ。
 

d0357817_10134074.jpg


 

向こうに見えるは、越後三山。
少しずつ空も色づき始めた。
間もなく夕暮れだ。

 
d0357817_10135109.jpg

 

カメラを持って、移ろいゆく夕暮れを楽しむのだった。

 

d0357817_10140122.jpg


 

つづく

 



[PR]
by gaku-jin | 2017-06-07 17:42 | 春の山 | Comments(2)

越後の残雪登山

4/30、GWの幕営登山の足慣らし、残雪の巻機山を楽しんだ。
麓の新緑から、まだ雪がたっぷりある尾根の眺めが楽しみ。
 
桜坂駐車場から、井戸尾根へと進む。
登山口から雪のスタート。
雪解けで明瞭なトレースは無いが、一年に4,5回登っている山なので
途中見かけるブナの木々も見覚えがあるのだ。
 
樹林を進むと井戸の壁とよばれる急登にさしかかる。
夏道はジグを切っているが、今は45度を超える直登攀となる。
傾斜が穏やかになると、根開したブナの間を縫うように登り詰める。
 

d0357817_08452333.jpg

 
今度は稜線へと上がると雪から顔出す枝に、マンサクの花があちらこちらに。
春の訪れで、雪を踏んで木々の上を歩くのもそろそろお終いだ。
雪が融けて、バサッと埋もれていた木が起き上がってくるのだ。
 

d0357817_08470776.jpg

 
なだらかな樹林を進むと一気に開けた雪原となった山腹に出る。
無雪期には潅木と笹原が広がる。
今はその上を真っ直ぐと進む。
  

d0357817_07524112.jpg

 

雪解けした夏道と、雪斜面のトラバースを繰り返し、ピークへと向かう。
急坂となるが、雪原を走る風がなんとも心地よい。
 
d0357817_07524926.jpg

 

ピークへと登ると、そこはニセ巻機山。
そこから見下ろす、シラビソの谷の眺めは、なんとも穏やかで
まるで北欧の森のようだ。
 
今年は雪が多く、まだ避難小屋は隠れたままだった。
一度下って、そこから巻機山山頂へと登り返す。
なんとも嫋やかなその山は、
広々とした山頂展望が心地よい。
 
d0357817_07530479.jpg
 
山頂へ到着。
登りきると向こうには越後三山が見渡せる。
穏やかな山容の巻機山から
岳々しい三山の眺め、どの季節もよい。
 
d0357817_07531280.jpg

 

振り返れば、柄沢山から朝日岳、谷川連峰へと続く稜線。
今年は登って見たかったこの稜線も楽しむことができた。
 
d0357817_07532257.jpg
 
巻機山山頂から歩みを進め、牛ケ岳へ。
ここで、雪の上へ腰を下ろして、のんびり昼飯と昼寝だ。
貸切となって、静かな山の時間を楽しむ。
あぁ、やっぱり静かな雪山はいいな。
 
d0357817_07533074.jpg
 
まだまだ雪山を遊びつくしているスキーヤーも。
登って滑って、また登って。ご苦労様です。
 
d0357817_07533986.jpg


 
 
雪山を滑り降りるように下山。
途中、ブナの森で兎とばったり遭遇。
至近の出合い頭にお互いびっくり。
 
やっぱり静かな山はいい。
やっぱり巻機山はいい山だ。
 
 
越後巻機山
その穏やかな山頂で
あなたのやさしい心と足で
ゆっくりゆっくりと
登ってみてください。
 

 
お終い。


[PR]
by gaku-jin | 2017-05-25 07:54 | 春の山 | Comments(2)

残雪の巻機山

d0357817_08572460.jpg

 
もう5月も半ばを過ぎ。
そろそろ山は生命力にあふれだす季節がくる。
 
写真は4月末の巻機山登山口にて。
春遅い越後の里は、ちょうど桜が満開だった。
 
この週末は、全国的な晴れ。
どこへ行こうか。。。


[PR]
by gaku-jin | 2017-05-19 09:03 | 春の山 | Comments(2)

朝陽に染まる(燕岳)

夕暮れ染める(燕岳)の続き。
4/22-23一泊幕営で好天の北アルプス・燕岳を楽しんだ。
 
明け方、テントから外を覗くと、東方の空は紺碧の空に
朱色のラインが果てへと広がっていた。
静かな夜が明け迫っている。
 
4月になり日の出の時間は、5時前だ。
夜明けがずいぶんと早くなった。
空は雲一つない。
楽しみにしていたアルプスのモルゲンロート。
 
太陽が地平線から顔を出すと、
アルプスが一斉に燃え、目覚め始めた。
 
表銀座越しの槍ヶ岳、北アルプス一の存在感だ。
 

d0357817_08552664.jpg

 
右を見ると、裏銀座も一斉に光を浴び、輝き始める。
なんと雄大な光景だろう。
 

d0357817_08561202.jpg

 
まだ雪深い、双六岳、三俣蓮華も朝焼け色に染められた。
こちら表銀座の稜線が影を落としている。
 
 

d0357817_08564279.jpg

 
 
振り返れば燕岳の向こうに立山の連なりが神々しい。
 
 

d0357817_08571295.jpg

 
 
眩い朝日に、槍穂高、そして水晶岳が瞬く。
 
 

d0357817_08574298.jpg

 
 

d0357817_08581284.jpg

 
 
刻々と変わりゆく明けの空、そして山々の輝き。
カメラを構えながら贅沢なひと時をすごすことができた。
 
一通りのドラマが終わったら、燕岳山頂までの稜線散歩。
槍穂高、裏銀座の連なりを十二分に堪能した。
 

d0357817_08584266.jpg

 
 
やはり北アルプス。圧巻の眺めだ。
特に雪を纏うと、その迫力は夏山とは異次元。
 
次、燕岳へ来るのは閉山の雪のころか。
 
この夏は、双六・三俣蓮華から、黒部五郎、水晶へと
足をのばしたいと思っている。
 
さて、次の山は何処へ。
 
 
お終い



[PR]
by gaku-jin | 2017-05-12 08:10 | 春の山 | Comments(2)

夕暮れ染める(燕岳)

裏銀座(燕岳)の続き。
4/22-23一泊幕営で好天の北アルプス・燕岳を楽しんだ。
 
裏銀座へと太陽が沈みはじめると、東斜面にアルプスの影が落ち始めた。
間もなく夕暮れだ。
春のアルプスは、やはり風が温かい。
  

d0357817_08255405.jpg

 
残雪の尾根に生きる、ダケカンバにスポットライトが見えた。
気づけば安曇野へは雲海が広がっていた。
 

d0357817_08260384.jpg

 
表銀座縦走路を見渡して。
遠く槍穂高へと延びる岩稜の尾根を夕陽が照らす。
あの槍のシルエットは何度見ても飽きない。
 

d0357817_08261192.jpg

 
双六岳の辺りだろうか、今日一日晴天を見守ってくれたお日様が
沈もうとしている。
 

d0357817_08262160.jpg

 
燕岳へと振り返ると、その向こうに立山が輝いた。
立山ではどんな景色が見えているだろうか。
夕陽を楽しんで、カメラを構えているのだろうか、そんなことを想像していた。
 

d0357817_08262883.jpg

 
陽が沈むと一気に冬のような寒さが戻ってきた。
 
幕営も十数張程度で、夏山のような騒がしさは全くない。
  
思い思いに夕暮れを楽しんだ後、
陽が沈みきるまで静かにテントの中でワインを楽しんだ。
 
手前の城壁のような雪壁、ウチのやつと二人でくみ上げて整地した。
スノーソーでやったもんだから、あっというま。
小屋泊の連中はびっくりしていた。
 
つづく
 


[PR]
by gaku-jin | 2017-05-09 15:32 | 春の山 | Comments(2)

裏銀座(燕岳)

d0357817_17384809.jpg


 
4/22-23一泊幕営で好天の北アルプス・燕岳を楽しんだ。
 
4/21、中房への道路開通の知らせを聞いて、
好天の北アルプスだとわかったら向かわずにはいられない。
 
幕営を済ませ、北アルプスの山岳風景を楽しんだ。
 

d0357817_17392449.jpg


 
双六・三俣蓮華の辺りだろうか、
泳ぐ光が神秘的だ。
 

d0357817_17394961.jpg


 
氷化した雪稜が鈍く輝く。
なんとも美しい、水晶岳か。
 

d0357817_17400821.jpg


 
鷲羽、ワリモだろうか。
北アルプスの大きさに圧倒される。
 

d0357817_17401830.jpg

 
真砂から野口五郎へ。
たおやかな尾根だ。
 

d0357817_17402825.jpg


 
登ってきた合戦尾根も日が傾き
静けさを取り戻していた。
 
もうすぐ夕暮れのドラマが始まる。
 
つづく


[PR]
by gaku-jin | 2017-05-08 18:06 | 春の山 | Comments(2)

そこに山があるから


by hassaku