銀の道から、越後駒

5/14日曜日、快晴の奥只見へと向かった。
登る山は残雪の越後駒ヶ岳。
 
2年ほど前だったろうか。
GWに同じコースを登り、駒の小屋で宿泊。
翌朝山頂から眺めて感動した越後の山々。
とにかく見渡す限りの山。山。山。
あの感動を思い出し、また残雪のころに
訪れてみたくなっていた。
 
今回は日帰り。
銀山平は石抱橋から先は、まだまだ残雪通行止め。
一般的な枝折峠は開通していない。
北又川に沿って遡上していき、支尾根から道行山、小倉山、
そして越後駒へと稜線を登る。
 
支尾根はかなりの急登攀で、ピッケルを使い、
藪漕ぎ、トラバースの連続だった。
 
ときどき雪の無い登山道へ出る。
足元にはイワウチワや、上を見ればタムシバにシャクナゲ。
途中横目には、このような新緑の景色が美しい。
なんとも繊細な光景だ。
 
d0357817_12190273.jpg
 
なんとか樹林の登攀から抜けて、
尾根へと登りあげた。
振り返れば、未丈ケ岳。
 
それにしても天気が良くて、ほぼ無風。暑い。。。
おまけに越後ならではのブヨ。
 
d0357817_12191328.jpg


 
あぁ、越後駒ヶ岳。
青空の下に聳える。
この季節の眺めは本当美しい。
 
白い尾根道を登ってゆくのだ。
 

d0357817_12285348.jpg

 
雪解けに、ブナの新緑。
本当いい眺めだ。
 

d0357817_12291112.jpg

 
中ノ岳と荒沢岳。
こちらはまだ歩いたことが無い。
 

d0357817_12292688.jpg


 
この日は山頂下、小屋への急登攀に雪稜が
大きく割れているのが見えたところで
引き返すことにした。
 
私はこの山域が好きなのは、
越後の山は、その山深さにある。
山に囲まれ、果てまで続く峰々。
アルプスのダイナミックな景色とは全く異なり。
私の身の丈に合っているのかもしれない。
いや、そんなことは無いか。
越後の山はとんでもなく厳しい。
だから好きなのかもしれない。
  

d0357817_12294195.jpg

 
藪漕ぎを避けて、違う尾根から
北又川の畔、銀の道へと下山した。
 
その名の通り、江戸時代には
この銀山平は銀の採掘でにぎわっていたそうだ。
 
崖沿いの雪道歩きで、
湧水沢にアズマシロカネソウ[東白銀草]
の群落を見つけた。
 

d0357817_12301230.jpg
 
丸い花姿はとても可愛らしく、
何枚も写真におさめていた。
 
d0357817_12300318.jpg
 
湧水の水しぶきに輝く姿。
美しくも健気だ。
 
d0357817_12295156.jpg
 
また春の越後駒へ訪れるときの楽しみができた。
 
このあと、フキノトウやワラビなど
山の幸を分けてもらって帰路についた。
 
残雪の山もそろそろお終いか。
そろそろアルプスはどうだろうか。。。
 
おしまい


[PR]
# by gaku-jin | 2017-07-28 09:01 | 春の山 | Comments(2)

そこに山があるから


by hassaku