残雪登山(魚沼三山を眺めて)

今はもう4月。
3月になってからは、気温も上がり降雪も落ち着き、
私の好きな山域、越後の山々も雪が落ち着いて
足取り軽い季節に変わってきた。
雪山登山もすっかり春に変わり、あのラッセル登攀も無く、
残雪歩きとなる。
 
残雪期になったら登ろうと決めていた山の一つだ。
奥只見、魚沼三山、谷川連峰
この3つの眺望が楽しめる山域をそれぞれ巡ろうと決めていた。
この山は魚沼(越後)三山の展望台だ。
 
この季節になると、雪が緩むため、スノーシューで登攀下降できるかどうか、
ウェアも一つ薄手に落とすかどうか、衣替えも悩ましくなる。
 登山口でも、あのキーンと冷えこむ寒さはまったく感じなくなっていた。
 
3/18(土) 魚沼へと向かった。自宅から250kmほど。
日帰り圏内もずいぶん広がったものだ。
(先の記事、会津駒へはこの二日後)

山スキーでは人気の山のようだが、登山ハイキングとしてはマイナーな山。
標高1500m程度の山だ。
標高差は1100mほどあり、雪も十分あり、登りごたえも十分な山。
 
登山口へは六日町から向かう。
駐車スペースでは、山スキーヤー2名が準備をして先行していった。
この日山で出会ったのはこの2名だけ。期待通り静かな山だった。
 
車を降りたところからすぐにスノーシュー、
登攀尾根手前まで緩やかな登りのスノーシューハイキングだ。
沢沿いに登り詰めてゆく。
 

d0357817_18132884.jpg

 
写真に写っているのは山の相棒、家内だ。
毎度、家事をこなして週末付き合ってくれるのだから。
頭が上がらない。
 

d0357817_18133881.jpg

 
振り返えると雲がドンドン流れてくる。
朝方の魚沼の街は雲の下に隠れることが多く、空模様は大きく変わってゆく。
流れゆく雲、柔らかな吹く風に春を感じる。
 奥へと目指すが、山の頂あたりは雲隠れしたままだった。
 

d0357817_18134894.jpg

 
尾根へと取り付き、一気に標高を稼ぐ。
木立には、夕べ降ったばかりの新しい雪が載っていた。
時折朝陽が差し込むが、すぐに雲隠れを繰り替えす。
 私は、山登りの途中のこういう木立の中が一番好きかもしれない。
斜面に生き抜く木々、逞しい草花、生きる元気をもらえるからだ。
 

d0357817_18135737.jpg

 
奥の斜面へと目をやると、根開がはじまっている。
春の訪れの証だ。
朝陽に落ちる樹影も美しい。雪山ならではの美しい風景だ。
木立にもうっすら霧氷と雪が見られこの先の景色に期待が膨らむ。
 

d0357817_18140947.jpg

 
更に高度を稼いでゆくと、流れゆく雲の影から
神々しい八海山が姿を見せてくれた。
 
このあと、あっという間のことで、雲にその姿は隠されてゆく。。。
 
つづく
 
※登山ルートが不明瞭な雪山のため、山の名前は伏せることにしました
 
 


[PR]
Commented by u-Brigand at 2017-04-11 16:17
こんにちは!
越後の雪山を平定する勢いですね、なかなかそこまでは
出来る事ではありません。
いくら1500㍍と言っても雪山の高低差は厳しいです
から楽しむと言うよりつらい日もあるのではと思います、
私はスノーハイキングは上高地や乗鞍などの平地でしか
しませんので凄い体力勝負だと思っています。ま・この
次期は熊に出会う事は無いですが体調には気をくばって
楽しんで下さいね。
Commented by gaku-jin at 2017-04-11 16:58
いちやどさん。
毎度ありがとうございます。
この界隈、人も少なくて、雪はたっぷり。標高が高くないから気温も低くなくていいんです。おまけにロープウェー要らずですから^^
新雪で1mクラスの積雪になると、スノーシューでも膝ラッセル続きですから、かなりの体力勝負です。
3月にもなると、雪も重いのか、深くても膝程度でした。
雪山は知識、体力、経験の総力戦ですね。

つづきは、登攀中に撮ったブナの森の写真を何枚かで作文します。3部構成の予定です^^
by gaku-jin | 2017-04-10 19:07 | 春の山 | Comments(2)

そこに山があるから


by hassaku